1. 鰺ヶ沢病院
  2. 当院について

当院について

院長挨拶

つがる西北五広域連合鰺ヶ沢病院は、昭和37年5月に鰺ヶ沢町立中央病院として開設されてから、青森県西海岸地域唯一の基幹的病院として医療サービスを提供しております。
当院の基本理念は「地域住民から信頼される丁寧で確実な医療の提供」で、まさしく地域住民のための病院を目指しています。
青森県西北五地域における自治体病院機能再編成計画により、平成24年度からつがる西北五広域連合が圏域5自治体病院の一体運営を開始することになり、病院名等は変更になりましたが、その理念は何ら変わるものではありません。
マンパワーが不足しているなか、医療資源を有効に活用するとともに、職員が一丸となって、地域医療の確保に取り組んでおります。地域住民の皆さまのご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

つがる西北五広域連合鰺ヶ沢病院
院長 星野 惠治

当院概要

(平成30年5月1日現在)

開設年月日 平成24年4月1日
(つがる西北五広域連合に経営移管前の開設年月日 昭和37年5月1日)
病床数 一般病床 100床(30床休床中)
診療科 内科・外科・整形外科・婦人科(休診中)・小児科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科
職員数 79人(常勤正職員)
医師7人、歯科医師1人、診療放射線技師4人、臨床検査技師4人、薬剤師3人、理学療法士3人、あん摩・マッサージ師1人、歯科衛生士1人、管理栄養士1人、看護師47人、事務職員7人

スタッフ紹介

院長 星野惠治(外科)
副院長 佐藤清彦(内科)
副院長 齋藤正人(内科)
副院長 板橋幸弘(外科)
副院長 田澤浩司(整形外科)
外科科長 櫻庭伸悟
内科医長 渡邉清誉
歯科医長 武藤寛宗
薬剤部長 葛西慎也
診療画像情報部技師長 鶴賀谷正克
臨床検査部技師長 番場隆彦
リハビリテーション部技師長 栗林輝生
看護部長 長谷川恵
副看護部長 笹村静子
看護師長 佐々木多可子、齊藤春美
主任看護師 安田久美子、工藤和華子、長谷川和枝、桜庭あゆみ、木村有希子、沼宮内千鶴
事務長
管理課長事務取扱
(兼)栄養管理部長
工藤章彦

沿革 (鰺ヶ沢町立中央病院として)

昭和37年5月 鰺ヶ沢町大字舞戸町字上富田151番地に町立病院開設
昭和45年1月 救急病院告示
昭和56年10月 鰺ヶ沢町大字舞戸町字蒲生106番地10に移転新築
平成16年4月 電子カルテシステム導入
平成20年5月 3階病棟休止
平成21年3月 一般病床140床を100床に削減
平成24年3月 鰺ヶ沢町立中央病院廃止
平成24年4月 「つがる西北五広域連合 鰺ヶ沢病院」開設
平成24年4月 つがる西北五広域連合の総合医療情報システム(新電子カルテ)導入

 

当院へのアクセス

PAGETOP