1. つがる総合病院
  2. 臨床研修医
  3. クリニカルクラークシップ

クリニカルクラークシップ

受 入 診 療 科

消化器・血液・膠原病内科(旧第一内科)、循環器・呼吸器・腎臓内科(旧第二内科)、一般外科、麻酔科、整形外科、産科婦人科

 クリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)で、学生は医療チームに参加し、医師の監督下、
医師に必要な知識・思考法・技能・態度の基本的な部分を学びます。

『この病院だからこそできる指導』
をモットーに職員一丸となって頑張っております。
clinical_clerkship02

 クリニカルクラークシップは、指導医だけではなく病院やスタッフ、そして何よりも協力してくださる患者さんの存在があってはじめて可能となります。 一人の医師の誕生は、たくさんの人に支えられていることを知るのも大切な経験です。

実 習 期 間 4週間です。
宿   泊 アパートを無料で用意します。
事前に必要書類の提出が必要です。
また、へき地実習時(診療所の場合)も、付近の民宿等を用意します。
食   事 無料で提供します。
事前に申し込みが必要です。
雰 囲 気 医局や病院全体の雰囲気が良く、指導医とも気軽に何でも相談できる体制になっています。
医師・看護師のみならず、事務職員を含めたコメディカルがしっかりバックアップします。

実習の概要

  1. 医学生の興味と特性を伸ばし、医療チームの一員として行動できるよう指導し、卒後初期臨床研修へ円滑に移れるように卒前教育の場を提供します。
  2. 受入可能な診療科の中から1つを選択し、4週間の実習を行います。
  3. 選択診療科実習の他に、オリエンテーション・西北五地域医療圏見学(車で外出)を1日間、へき地診療実習を2日間行います。
    また、夜間救急外来の見学も1日間(18:00~22:00)行うことができます。
  4. 原則、指導医と行動を共にしてください。
    実習時間中は、許可なく院外へ出ることのないようにお願いします。
  5. 指導されるのを待つ受け身の姿勢ではなく、主治医の一員として自ら疑問を持って積極的に勉強し、指導医と診療方針を討論する気概で臨んでください。
  6. 指導医やその他コメディカル、全ての職種と関わり合いを持ちましょう。
  7. 院内の臨床病理検討会(CPC)や症例検討会が開催される場合、必ず出席してください。また、地域での研究会、学会、学術講演会等があった場合も、積極的に参加してください。
  8. 各診療科で実習中、経験した症例のレポートを作成し、指導医に提出してください。
    ※(提出は必須となります)
  9. 実習終了後は、今後のより良い受入体制構築のため、アンケートにご協力ください。
    ※(提出は必須となります)
  10. 当院は、青森県地域保健医療圏の中でも特に医師数が少ない医療圏にある、地域中核病院です。指導医及びコメディカルは、通常の診療を行いながら皆さんの指導をします。実習は職場体験ではありません。礼儀正しく誠意を持って実習に挑む姿勢を4週間忘れないでください。

↓詳細はこちらから↓

h29_clicler_cover

平成29年度受入

第1クール 平成29年4月3日(月)~平成29年4月28日(金)【弘前大学7名・杏林大学1名】
第2クール 平成29年5月8日(月)~平成29年6月2日(金)【弘前大学8名】
第3クール 平成29年6月5日(月)~平成29年6月30日(金)【弘前大学6名】
第4クール 平成29年7月3日(月)~平成29年7月28日(金)【弘前大学8名】
kengaku0001 kengaku0002
kengaku0003 kengaku04

 西北五地域医療圏見学では、医療圏の広さを把握するため、また、当院の地域中核病院としての役割を把握してもらうために、診療所や病院を周りました。
 地域が抱える問題を理解し、患者さんが大変な思いをして当院に通院しているのも実感できたと思います。
 各地域の観光名所や特産物も見学コースに取り入れ、楽しい時間を過ごしました。五所川原市の良い所も知ってもらえたかと思います。
 各診療科実習では、地域に密着した病院だからこそ経験できる症例があり、手技を多く経験できたという感想も多く寄せられました。
 キラキラ輝いている実習生の目が素敵でした。
 出会えたことにありがとう。またお会いできる日を楽しみにしています。

問い合わせ先

〒037-0074 青森県五所川原市字岩木町12番地3
つがる西北五広域連合つがる総合病院 管理課経営企画係
TEL 0173-35-3111(内線4424) FAX 0173-35-0009
E-mail:e-mail_keiei-kikaku

PAGETOP