1. つがる総合病院
  2. 各部署紹介
  3. 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理室設置について

 当院では「患者さんや現場で働く職員の安全を守る」ために平成21年4月に医療安全管理室を設置いたしました。

基本方針

 職員一人ひとりが、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、安全な医療を遂行する。

医療安全管理室の主な業務

  1. 医療事故防止のための具体的な方策の推進
  2. ヒヤリ・ハット報告の収集・分析・分析結果の現場へのフィードバック
  3. 巡回安全点検による実施状況の調査と評価
  4. 医療安全にかかわる情報収集及び院内各部門との連絡調整
  5. 医療安全にかかわるマニュアルの作成指導及び管理
  6. 医療事故防止に関する教育及び研修(企画と運営)
  7. 医療事故防止に関する啓発活動
  8. 医療安全に関するニュースレターの発行

医療安全管理室のスタッフ

  • 室長(医療安全管理委員長)
  • 医療安全管理者(専従)
  • 医薬品安全管理責任者・担当者
  • 医療機器安全管理責任者・担当者
  • 事務局(管理課)

医療安全管理室の活動

 安全活動を推進するために、医療安全管理室の下部組織にセーフティマネージャー部会を設置し実働部隊として活動している。

ダブル確認研修会

ダブル確認研修会

医療安全管理研修会・特別公演

医療安全管理研修会・特別公演

入院患者識別バンド採用

入院患者識別バンド採用

安全パトロール

安全パトロール

その他の活動

  1. 救急カートの標準化
  2. 転倒・転落防止ポスターの掲示
  3. 薬剤部による病棟の抗がん剤ミキシング開始(10月から)
  4. 入院患者識別バンド採用(11月19日から全入院患者に装着)

 医療安全管理室では、今後とも「安全・安心の医療」を提供するためにエラーを誘発しない環境や、事故を未然に防ぐシステムの提供・整備・向上に取り組んでいきます。

PAGETOP