1. つがる総合病院
  2. 各部署紹介
  3. 栄養管理部

栄養管理部

栄養管理部の役割

 つがる総合病院栄養管理部では患者さんの療養を側面からサポートし、入院中の楽しみの一つである食事をおいしく、楽しく、安全に召し上がって頂ける様、日々質の高い給食提供、栄養管理を心掛けております。

業務内容

1.栄養管理

  • 栄養管理計画
  • 当院では患者個々の身体状況、リスク項目に合わせた栄養管理計画を作成し給食提供を行います。

    Food_Service_Management

  • 栄養食事指導
    • 個別指導
    •  主治医の指示のもと疾病に合わせた献立内容、食べ方、調理法、栄養の基礎知識について管理栄養士が指導します。

      nutrition_guidance

    cooking01 管理栄養士がお教えします!
    『おいしく減塩』レシピこちらをクリック【つがる西北五広域連合広報 つながる第4号掲載】
    cooking02 管理栄養士がお教えします!
    『お酒を上手に楽しむ』レシピこちらをクリック【つがる西北五広域連合広報 つながる第5号掲載】
    cooking03-1

    管理栄養士がお教えします!
    『かしこく夏バテ予防』レシピこちらをクリック【つがる西北五広域連合広報 つながる第9号掲載】
  • NST(栄養サポートチーム)
  •  院内の医師をはじめとする多職種で関わる褥創対策チームの一員として、カンファレンス、病棟ラウンドをし、食事療養の面での提案をします。

2.給食管理

 入院中の食事は「一般食」と「特別食」に大別されています。「一般食」とは特に制限のない普通食で糖質、たんぱく質、脂質のバランスを適正に調整し、個々人に合わせた栄養量でお出しします。「特別食」は治療の一環として医師の指示のもと、管理栄養士が病態別に調整した食事です。

  • 食種例
  • <一般食> <特別食> <その他>
    ・常食 ・エネルギーコントロール食 ・調乳
    ・脂質コントロール食 ・検査食
    ・たんぱく質コントロール食 ・経管栄養
    ・塩分調整食 ・アレルギー除去食
    ・低残渣食(易消化食) ・出産祝い膳
    ・貧血食
    ・痛風食

     上記の食事毎に飲み込みの状態、嗜好に合わせ主食、副食別に食事形態を用意しています。また、入院中の栄養管理に影響の無い範囲での嗜好による禁止食、代替(パン、麺等)食もお出しできます。
     主食形態:米飯、全粥、おも湯、3・5・7分粥、ミキサー粥、プリン状粥、パン、麺、おにぎり等
     副食形態:一口大、きざみ、極きざみ、ミキサー、ペースト、とろみ付等

    nutritional_management01
    毎日変動する特別食、アレルギー食などの食数は、モニターで何回も確認しています。
    nutritional_management02
    患者さん1人ひとりに合わせたきざみ・ペースト食なども1つずつ丁寧にご用意します。
    nutritional_management03 kyusyoku_koujou_ryouri
  • 食事時間
  • 朝食 7:50~
    昼食 12:00~
    夕食 18:00~
    間食 食種毎に必要な場合適時
  • 献立について
    • 当院の給食はまず安全を第一に考え、大量調理の基準に従い調理業務にあたっています。また、食事療養の基本として退院後、家庭の献立に応用して頂ける様、極力手作りにこだわっています。
    • 入院中においても生活にメリハリをつけていただける様、季節、行事ごとに旬の食材を使用した行事食の提供も行っています。
  • 献立例(一般食)
  • menu01 menu02 menu03
    menu04 menu05 menu06
    menu07 menu08 menu09
  • 出産祝い膳
  • celebration-meal01 celebration-card01
PAGETOP