1. つがる総合病院
  2. 診療科紹介
  3. 整形外科

整形外科

診療科の概要

 整形外科は、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉など人が快適な生活を送るのに必要な“運動器”を扱う分野です。
 部位的には、脊椎、脊髄、末梢神経、四肢の関節などを、疾患としては、外傷性、変性性、腫瘍性、感染性疾患などを扱い、特に高齢者社会のなか老化に関連した脊椎や関節の変性疾患の増加がみられます。症状としては、腰痛、膝痛、肩こりを訴える患者様が多く来られます。

当院整形外科の位置付け

当院は津軽西北地区の中核病院として位置づけられています。そのなかで整形外科は外傷を始めすべての運動器疾患に対応できるスタッフをそろえています。特に脊椎・脊髄疾患、股・膝関節疾患、手術件数は各年間100例を超えています。
 特殊外来として、股関節外来などを行っています。特に脊椎脊髄疾患・関節リウマチの頸椎手術、人工関節手術に対しては、優秀な成績を残しています。
 苦痛を訴えて來院された患者さんの立場にたった心のかよった診療を心掛けています。患者様のご来院をお待ちしております。

取り扱っている主な疾患

四肢・躯幹の骨折、脊椎脊髄疾患、膝・股・肩関節など関節変形疾患、スポーツ外傷、関節リウマチ、骨粗鬆症などを対象としています。

理念

運動器疾患を有する患者様のQOLを思いやる医療を提供する。

基本方針

  1. 津軽西北地区の唯一の中核病院として運動器疾患に対して高度な医療を提供します。
  2. 24時間体制で救急医療に対応し、地域医療に貢献します。
  3. 診療、研究、教育の観点から、医療の質の向上と優れた若い臨床医を育成します。

目標

  1. 基本方針に沿った医療の提供を行う。
  2. 様々な検査、手術法を取得し患者様に提供できる。

平成20年手術実績

総手術件数:879例

主な手術

  • 脊椎手術128例(頸椎32例・胸椎 6例・腰椎73例・脊椎外傷8例・関節リウマチ3例など)
  • 骨折手術335例(上肢109例・下肢220例・骨盤6例)
  • 関節手術114例(股関節39例・膝関節61例・肩肘手関節11例)
  • 手の外科手術79例
04_orthopedic01

環軸椎前方固定術

04_orthopedic02

骨盤骨折例

04_orthopedic03

脊椎外傷

ナビゲーション人工股関節

ナビゲーション人工股関節

スタッフ紹介

氏名 新戸部 泰輔(にとべ たいすけ)
役職 副院長
医籍登録年 1984年
学歴 昭和59年 東京慈恵会医科大学卒業
昭和63年 弘前大学医学部大学院修了(医学博士取得)
専門分野 脊椎脊髄外科・整形外科全般
取得資格等
  • 弘前大学医学部 臨床教授
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会 認定脊椎脊髄外科専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 第2回日本整形外科学会研修指導者講習会受講
  • 第7回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ修了
  • 救急指導者
  • 身体障害者福祉法指定医
所属学会 日本整形外科学会・日本脊椎脊髄病学会・日本リウマチ学会
日仏整形外科学会・日本腰痛学会・日本脊椎インストゥルメンテーション学会など
留学歴 1989年 Case Western Reserve大学留学(USAオハイオ州)
1996年 Montpellier大学留学(仏国)

氏名 小渡 健司(こわたり けんじ)
役職 科長
医籍登録年 1997年
学歴 平成9年 弘前大学医学部卒業
平成13年 弘前大学医学部大学院卒業(医学博士取得)
専門分野 脊椎脊髄外科・関節外科
取得資格等
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 第57回義肢装具等適合判定医師研修会修了
  • 日本整形外科学会 第10回研修指導者講習会受講
  • 第11回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ修了
  • 身体障害者福祉法指定医
所属学会 日本整形外科学会・日本脊椎脊髄病学会

氏名 山内 良太
役職 医員
医籍登録年 2012年
取得資格等
  • 平成27年度災害派遣医療チーム研修修了

氏名 長沖 隼英
役職 医員
医籍登録年 2015年

受付時間

【休診日】土・日・祝日・年末年始

診療科 診療予定 備考
整形外科 毎週 月・水・木・金曜日
新患受付 8:15~11:00
再来受付 7:00~11:00
診療時間 9:00~
※火曜日 手術
PAGETOP